アレルギー性鼻炎の症状だと思ったらすぐに耳鼻科へ

ドクター

類似品には気を付けて

耳

補聴器と似たような類似品がありますが、それらとの大きな違いは医療機器であるかどうかです。厚生労働省の認可を得るため高いハードルを越えてきた高性能の製品であるため、多くの人々は安心してそれを利用することができます。

詳細を読む

耳鼻咽喉のトラブルを解決

先生

新宿にある耳鼻咽喉科を探すなら専門サイトを利用すると良く、希望に合った最適な病院を見つける事ができます。医療機関を受診するなら最新機器を扱っている病院が良く、身体への負担も少なく治療も短時間で済むため気楽に利用できます。

詳細を読む

扁桃炎や扁桃肥大の治療

医師と患者

耳鼻科では、耳・鼻・喉の疾患を診察でき、治療範囲は広いです。特に喉の疾患では、風邪のときに生じる扁桃炎の治療を受けることができます。また扁桃肥大の治療も受けられます。交通アクセスの良い新宿には、たくさんの耳鼻科が開業しています。そのため、郊外に住んでいても治療が受けやすいです。

詳細を読む

鼻のアレルギー反応を改善

鼻

アレルゲン対策と薬物療法

毎年春先になるとまるで風物詩のように、街や電車の車内ではマスク姿の人が増えます。今や国民病と言っても過言でないほど、スギ花粉症には多くの人が悩まされているのです。一方では春に限らず一年中鼻のつらい症状に苦しんでいる人も少なくありません。こうした季節性・通年性の違いはあっても、アレルギー性鼻炎と呼ばれる症状には多くの共通点が見られます。いずれもくしゃみ・鼻水・鼻づまりといった症状が強く現れ、目のかゆみなどアレルギー性結膜炎もしばしば伴うのです。鼻の症状は呼吸の際に侵入した異物に対する鼻粘膜の過剰なアレルギー反応の結果です。ダニ・ペットの毛などのハウスダストや、花粉・カビが代表的なアレルゲンとして挙げられます。アレルゲン対策をすることでアレルギー性鼻炎の症状を緩和することは可能です。花粉の場合は専用のマスクを着用し、ハウスダストの場合は掃除をこまめにするといった対策が考えられます。そのような対策をしても防げない症状に対しては、耳鼻科で処方される薬に高い効果が期待できます。抗ヒスタミン薬は副作用を抑えた第2世代の薬が主流となっており、ステロイド点鼻薬も根強い人気があります。

重症度に応じた治療法

アレルギー性鼻炎発症のメカニズムには、免疫機構が深く関わっています。本来なら細菌やウイルスから人体を守ってくれる免疫機構も、条件次第では過剰反応を起こすことがあるのです。体内にそうした異物が入るとB細胞やT細胞といった獲得免疫系がその特徴を記憶します。鼻から侵入した異物の特徴を抗体として記憶し、再度の侵入時に鼻水や鼻づまりといった防衛反応を起こすのです。鼻粘膜は呼吸の際に絶えず空気中のアレルゲンにさらされることが避けられません。気密性の高い住環境や食生活の変化によって、そうした過剰なアレルギー反応が起きやすくなっていると言われています。薬物療法だけでは症状を抑えることができない人でも、アレルゲン免疫療法や外科療法が高い治療効果を発揮しています。アレルゲン免疫療法は抗原エキスを定期的に注射し、特定のアレルゲンに対する抵抗力をつける新しい治療法です。外科療法にはレーザー治療や下鼻甲介切除術などがあります。このように耳鼻科のアレルギー性鼻炎治療も進歩しており、重症度に応じた最適な治療法を選べるようになっています。まずは検査を受けてみて、アレルゲンを特定することが症状改善への第一歩です。