類似品には気を付けて|アレルギー性鼻炎の症状だと思ったらすぐに耳鼻科へ

アレルギー性鼻炎の症状だと思ったらすぐに耳鼻科へ

医者

類似品には気を付けて

耳

類似品を選ばないように

難聴者がお世話になるアイテムとして補聴器があります。その名前を知っている人も多いですが、それと似た名前のものもあります。集音器・助聴器・音声増幅器と言ったもので、新聞のチラシやネット広告などで見たことのある人も少なくないはずです。ある程度の効果はあるかもしれませんが、それらは類似品です。そのため、購入するときには注意を払う必要があります。では、どうやって類似品かそうなのかを見極めるのでしょうか。それは耳鼻科で相談してみるのが一番です。医療機関では基本的に補聴器しか扱っておらず、それ以外の類似品はありません。耳はデリケートな器官であるからこそ、正しいものを利用し続けることが何よりも大切だと言えます。

厳しい審査を経た医療機器

では、補聴器とそれ以外の類似品とは、一体何が違うのでしょうか。その答えは、医療機器かどうかの違いであり、補聴器は医療機器にあたります。そのため、厚生労働省から正式に医療機器として認定されてないものは補聴器と呼ぶことはできません。もしも類似品を補聴器と銘打って販売したら違法となります。先ほど述べた耳鼻科では類似品を扱っていないと言うのも、それらは医療機器ではないからです。医療機器と認定されるには効果や安全性などの基準をクリアすることで得られますが、そのハードルは高いです。つまり、補聴器というのは選りすぐりのエリートと言える存在だと言えます。だからこそ、多くの人々は補聴器を安心して利用し続けることができるわけです。