扁桃炎や扁桃肥大の治療|アレルギー性鼻炎の症状だと思ったらすぐに耳鼻科へ

アレルギー性鼻炎の症状だと思ったらすぐに耳鼻科へ

医者

扁桃炎や扁桃肥大の治療

医師と患者

耳鼻科で診察してくれるのは、耳・鼻・喉の症状が中心ですが、その疾患の内容は意外と広いです。例えば喉の疾患では扁桃炎が挙げられます。急性扁桃炎では風邪をひいた後に、扁桃に細菌が感染した状態をいいます。細菌が感染すると扁桃は赤くあれ上がり、白い膿を呈することがあります。そのような状態が続くと、食べ物を飲み込んだ時に痛みを生じるので、食事がとりづらくなります。食べ物が摂れないと体力が低下するので、回復も遅くなります。そのような症状が続く場合は、耳鼻科を地震して治療することがすすめられます。治療としては抗生物質の投与が行なわれます。新宿のように人が多いところでは、風邪などがうつりやすくなります。新宿には耳鼻科が集まっているので、受診してみると良いでしょう。

耳鼻科というと鼻や耳の病気を診てもらうというイメージを持っている人が多いですが、喉の病気についても診察を受けることができます。例えば、風邪のときに生じる扁桃炎も抗生剤を使って治療することができます。それ以外でも扁桃肥大の治療を行うこともできます。扁桃は子どものときに大きくなって、7歳前後が大きさのピークとなります。扁桃が大きくなりすぎると、空気の通り道である上気道を塞いでしまいます。そのため扁桃肥大が生じると、いびきが生じたり睡眠時無呼吸症候群になることもあります。いびきがうるさい・口呼吸・睡眠時の無呼吸があれば、耳鼻科の受診がすすめられます。交通アクセスの良い新宿には、多くの耳鼻科が開業しています。新宿であれば、郊外に住んでいても通いやすいので定期的な治療を受けることができます。